全自動麻雀卓 雀豪系

雀豪系製品について紹介

牌投入方法 四面蓋開閉機構方式 
機械内部のセット構造は1か所又は4か所セット方式

■種類
雀豪系本体の基本ベース
1. 雀夢A型(雀豪MK1)
2. 雀夢MK2(雀豪MK2)
3. 雀夢MK3(雀豪MK3)
*雀豪系の機種は雀夢A型がベースとなっています。
当初はカキヌマ技研が権利を有していましたが、その後、電元オートメーションに権利が移り、雀夢から雀豪と名前が変更されました。

4. 雀豪DOME/DOME2
*ジョイナビは点数表示モデルです。
テンリーダーという点数表示枠を装備し、センター部が液晶のサイコロBOXを採用して販売されていました。基本はDOMEベースが本体ですが、リースやレンタルなどが盛んな時代に中古のMK3をDOME仕様に一部改良して、枠とサイコロBOXを変えてジョイナビ テンリーダーとして麻雀荘の多くに設置されていました。

5. 雀風
*雀友の機種を落とし込み仕様にした機種です。
6. 雀豪WIDE(ワイド)
*MK3牌のサイズよりも1.5倍ほど大きい牌が使用できるモデル

7. 昇竜/昇竜2/MJ JAPAN
*雀豪系としていますが、雀夢A型ベースとは異なる構造です。
*配牌タイプ

9. 雀豪WONDER(ワンダー)
*製品はGAZZ2型と同じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です